お歳暮お返しマナー

お歳暮ギフトを受け取った際のマナーですが、お返しの品物を用意する必要はありません。
品物を贈り返すのではなく、お礼状を出すことがマナーです。
はがきなどで贈ってくれた相手に対し感謝の気持ちを表す文章を書いて届けます。
基本的には受け取った側はこれだけで十分ということになっています。
また、これは目上の人をはじめ自分の評価を落とすとまずい人が相手の場合であり、家族や友人のように近い関係の場合には、お礼状を出すとかえって気味が悪いと思われてしまうことになりかねませんので、電話やメールで連絡する程度でも問題ないでしょう。

 

このほか、気を遣いたくないとか、関わりたくないなどの理由があり、特定の人のお歳暮ギフトの受け取りを拒否したいこともあるでしょう。
この場合には、今後のお心遣いは無用という内容の文章を記し、はがきなどで送るとお歳暮のマナーを把握している人であれば察してくれるはずです。
また、ただ遠まわしに拒否する意思だけを伝えるだけでは申し訳ないと感じる場合には、受け取ったものの同額未満〜半額以上のあいだでお返しの品物を返すと角が立ちにくいでしょう。
なお、お歳暮のお返しは要らないと分かっていても、何か返したいと思う場合にも、受け取ったものの同額未満〜半額以上の範囲でギフトを選ぶと相手に失礼にあたりません。
ちなみにですが、受け取ったものより高額なものでお返しをした場合、次回以降のお歳暮は不要という意思表示にはなりますが、これは角が立ちやすいためやめておくに越したことはありません。